男性のおでこのシワの原因を年齢別にご紹介

おでこにシワがある男を見ると、老けたおじさん顔に見えるし、不機嫌な顔にも見えてしまいますよね。

特に40~50代以降の男性を見ると、おでこに深いシワが刻まれてしまっている人が多くいらっしゃいます。

また、10代~20代と若いうちから「おでこのシワ」に悩んでいる人もいることでしょう。

男性のおでこのシワの原因は年齢によって変わる

男性のおでこにシワができる原因は、年齢によって変わります。

おでこのシワの原因【10代~20代男性】

10代~20代の若いうちからおでこにシワができる原因は、額にシワを寄せる「表情の癖」が一番の原因です。

学校の勉強に集中している時、スマホを見ている時、ゲームをしている時など、無意識のうちに額にシワを寄せていませんか?

特にスマホの見すぎで視力が悪くなり、目を見開く仕草をする若い人も多いです。

目を見開く仕草を無意識に行うと、額にシワが寄って形状が記憶されてしまいます。

また、おでこのシワは乾燥によってできてしまうこともありますが、10代~20代の肌が乾燥することは少ないはず。

ですが、洗浄を過剰に行ってしまったり、体質的に乾燥気味だと、乾燥ジワができてしまうこともあります。

おでこのシワの原因【30代以降の男性】

30代以降の男性は仕事の責任が増えてストレスも溜まりやすくなりますよね。

もしかしたら、無意識に眉間や額にシワを寄せるのが癖になっているかもしれませんよ。

30代は20代までの肌と比べて、乾燥じわ・小じわといったものが自然と増えてきます。

また、年齢的にも肌のハリを作り出すコラーゲンやエラスチンが少なくなって、肌がたるんでシワができやすくなります。

他にも洗顔のやり方が悪かったり、おでこが乾燥してシワを作ってしまうこともありがちです。

男性のおでこのシワを取る方法

男性のおでこのシワを取る方法の第一ステップとして、まずは額にシワを寄せてしまう癖をストップしましょう。

表情の癖を直さないと、皮膚がシワの形を覚えてしまい、いつまでたってもハリのあるおでこには戻りません。

また、加齢に伴い減少するコラーゲンやエラスチンなどは、美容液を使ってケアしてあげることも効果的です。

そして、おでこを乾燥させないように、普段の洗顔は保湿力の高い洗顔料を使って、優しく洗い上げて、洗顔後の保湿もキチンと行いましょう。

特に洗顔後の保湿は肌のターンオーバーを整え、おでこのシワの改善にもつながります。

オススメの洗顔料と保湿ジェルはこちら>>

おでこのしわの消し方メニュー