おでこにシワができる人は必見!原因と種類について

おでこにシワができる人の原因

おでこにシワができる人とできない人がいて、不思議ですよね~。

「私と同じ年齢なのに、おでこにシワがないのはどうして!?」

と、悩まれる気持ちもわかります。

おでこにシワができる人の原因はいくつかあり、人によっては複数の原因が重なっていることも多いです。

心当たりのある方は、下記の原因をチェックしてみてください。

表情の癖によるもの

おでこにシワがある人の多くの原因は「表情の癖」です。

眉を上げたり、目を開くためにおでこを上げ下げると、その動きによって横ジワが形状記憶されます。

また、「眉を寄せる癖」や「しかめっ面など不機嫌な表情」を続けていると、皺眉筋と呼ばれる筋肉の動きによって縦ジワができます。

それ以外にも、眼瞼下垂の人は瞼を持ち上げる筋肉が弱いため、おでこの力を遣って目を開けようとするため、横ジワができやすくなります。

眼瞼下垂は肌が老化し始める40代以降に起こる症状と考えがちですが、先天性の眼瞼下垂の場合もあります。

もし、子供におでこのシワがある場合は、一度眼科の診察を受けるのをオススメします。

紫外線や乾燥によるもの

おでこにシワがある人は、学生のころから外でスポーツをする習慣がありませんでしたか?

外は紫外線を浴びる機会が多いため、おでこにシワができやすい傾向にあります。

特に過酷な紫外線にさらされるスポーツ(サーフィンやスキー)を楽しむ習慣がある人は、20~30代前半までにおでこにシワができることもあります。

また、40代になると紫外線の影響や乾燥だけでなく、肌のたるみによっておでこにシワができるようになります。

おでこの表情筋の前頭筋が衰え始めると、その上に乗っている皮膚もたるんでくるからです。

前頭筋は眉をあげるときに動く筋肉で、ここが衰え始めるとおでこに横ジワができます。

また、紫外線のダメージを受けると肌が乾燥しますよね。

おでこは紫外線のダメージを受けやすいため、皮脂の分泌が盛んな場所です。

しかし、おでこが脂っぽく見えても、インナードライ肌になっている場合もあります。

インナードライ肌の状態が続くと、肌のターンオーバーが低下。

肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが少なくなり、たるみやシワができやすくなります。

たるみは顔の皮膚だけでなく、頭皮もたるんできます。

頭皮とおでこの肌は繋がっているため、おでこに横ジワができます。

さらに、瞼がたるんでくると、目を見開く力が必要になり、おでこにシワがよります。

コンタクトレンズの長期装用

視力が悪い人はコンタクトを長期間装用している方も多いはず。

実は長期間のハードコンタクト使用が原因で、まぶたのたるみが起こりやすくなります。

コンタクトレンズ下垂やハードコンタクトレンズを長年使用している人は、レンズを外す時にまぶたを引っ張る癖がありますよね。

この癖が原因で、症状に左右差が起こりやすくなると言えます。

(参考URL:眼瞼下垂とは(岡田眼科))

生活習慣によるもの

生活習慣も、おでこのシワの原因になることがあります。

特に「スマホの連続使用」や「ストレスを抱えている人」は要注意です。

スマホの画面から発するブルーライトは、私達の目に見える光線の中で最も強力なものです。

例えば、夜寝る前に部屋の電気を消して、スマホをいじったりしていませんか?

スマホの画面の眩しさを防ぐために、知らず知らずのうちに、眉を寄せたりおでこに力が入ったりして、シワの原因になることもあります。

暗がりでスマホを見る習慣のある人は注意しましょう。

ストレスでイライラする機会が多い人は、おでこに力が入ると頭痛を引き起こすこともあります。

日頃からストレスにさらされている人は、おでこにシワができやすいと言えます。

おでこのシワの種類

おでこのシワは下記の3種類があります。

横じわ

おでこのシワの中でも特にできやすいのが「横ジワ」です。

横ジワは生活習慣によって若い人でもできることがありますし、子供でもできることがあります。

縦じわ

表情の癖と真皮の衰えが原因で縦ジワが寄ることもあります。

若い人は縦ジワに悩まされることはあまりないでしょう。

でも中高年の男性の縦ジワは、比較的多いと言えます。

加齢によるシワ

おでこのシワは加齢の象徴のようにとらえられています。

おでこにくっきりとしたしわがあると、一気におばさん顔に見えますよね。

人相も暗くなって、女子力を半減させてしまうことは確かです。

また、若い人でもおでこにシワがある人は、肌の老化が早いと考えて良いでしょう。

おでこのシワが気になり始めたら、放置せずに早めにケアをしましょう。

おでこにしわができやすい人

おでこにシワができるのは、歳を取ったのなら当然と言えます。

でも、おでこのシワが目立ちやすい人とそうでない人もいますよね。

どのような人が、おでこのシワが目立ちやすいのかまとめてみました。

おでこが狭い人

おでこが狭い人は、おでこが目立ちにくいからシワも目立たないだろうと思いますよね。

でも、おでこが狭いと、その分小さな範囲にシワが寄ることになります。

狭い範囲に複数のシワが寄り添いあい、1つの大きなシワになることも・・・。

おでこのシワのできやすさを考えると、おでこが広い方が良い気もしますね。

また、おでこが狭い人は遺伝的な要因も大きいため、スグに改善できるものではありません。

おでこが狭い人は、シワができやすいことを自覚して、早くからお肌のハリを保つ対策をするようにしましょう。

髪の毛を引っ張る癖がある人

髪を引っ張ると頭皮まで引っ張られるため、結果的に皮膚が伸びてしまいます。

皮膚が伸びると頭皮が下がるため、おでこのシワができることになります。

髪を洗う時や水を拭き取る時など、無理に髪を引っ張ると頭皮や髪も痛みます。

できるだけ髪の毛を引っ張らないように気をつけましょう。

おでこの筋肉に力を入れる人

人間は瞼の筋肉だけで目を開けるもの。

もし、目を開けることでおでこにシワができているのなら、おでこの筋肉に力を入れている可能性があります。

歳を取ると、まぶたの筋肉が衰え始め、おでこの筋肉を使わなければ目が開かなくなります。

また、目がつかれたような感覚がある頭痛は、瞼の筋肉の退化によるものです。

瞼の筋肉が退化すると、目を開く度におでこのシワが深くなる悪循環に陥ってしまいます。

おでこの筋肉に力を入れる人は、まぶたの筋肉に意識を集中させて、おでこの筋肉を動かさないように、まぶたの筋肉だけを動かし、ひたすら目を開け閉めする練習をしてみましょう。

練習を繰り返していれば、まぶたの筋肉が鍛えられて、おでこのシワができにくくなり、さらに頭痛の改善までも望めます。

おでこが日焼けしている人

紫外線による日焼けは、肌が黒くなってシミができるだけではありません。

紫外線は、お肌のハリを出しているコラーゲンなどの繊維を破壊する力もあります。

おでこが日焼けすると、おでこのハリが失われてシワができやすくなります。

対策としては、日焼け止めをつかうこと。

FPS25/PA++以上の日焼け止めやファンデーションを遣って、紫外線をブロックしましょう。

他にも帽子を被って日傘をさすだけでも、かなり違ってきます。

普段からおでこを出している人は、特に紫外線の餌食になりやすいです。

絶対に紫外線対策をするようにしましょう。

おでこのしわの消し方メニュー