おでこのしわを消す方法【効果的な対策4選】

おでこのしわを消す効果的な対策方法4選

おでこのしわを消す方法のポイントは、小さなしわのうちに日々コツコツとおでこのケアをすることです。

おでこのしわは、年齢を重ねるごとに気になってきますし、深く刻まれたものは消すのがかなり難しいと言われています。

でも、これから紹介する4つの方法を行うと、かなり目立たなくすることができます。

【1】表情の癖を治す

表情の癖は「おでこのしわ」や「眉間のしわ」の原因になります。

まずは表情の癖により、しわを作らないように意識することが大切です。

1日のうちのほんの数分の習慣ですが、日々コツコツと表情の癖を直しましょう。

例えば、マスカラを塗る時や、鏡を見ながらドライヤーで髪の毛を乾かしている時、会議の資料を見ているときなど、知らず知らずのうちにおでこにしわを寄せている場合があります。

無意識におでこにしわを寄せている場合が多いため、今日から意識して生活してみるのが良いでしょう。

【2】頭皮マッサージをする

セルフケアでおでこのしわをマッサージする場合、摩擦によってしわが悪化する可能性があります。

そこでセルフケアをする場合は、頭皮マッサージがオススメです。

顔と頭皮の皮膚はつながっているため、頭皮を刺激することで、おでこのしわにも効果が期待できます。

おでこのしわを消すマッサージ法
おでこのしわを消すマッサージ法について、オススメの動画(YouTube)をご紹介します。 おでこのしわを消す!簡単マッサージ法 (動画再生時間:59秒) 【ステップ1】 両手の指を頭頂部へ置き、上に引き上げて20秒キープ...

【3】メイクで隠す

メイクをすると今あるおでこのしわが目立ってしまう・・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しわを隠そうとついついファンデーションを厚塗りにしてしまいますが、ファンデーションがしわの溝に入り込んで、かえってしわを目立たせてしまいます。

メイクでおでこのしわをカバーするときは、明るめの化粧下地やハイライトを使って光でしわを飛ばし、ファンデーションはうすくふんわりと乗せるようにしましょう。

その他にも、濃い色のリップを選んで、おでこのしわ以外の場所に目線を集めるのも効果的です。

ただし、ウォータープルーフなど洗浄力の強いクレンジングでゴシゴシと顔を洗わないと落とせない化粧品は避けましょう。

洗浄力の強いクレンジングで顔を洗うと、肌が乾燥しておでこにしわができやすい状態になります。

マイルドな洗浄力でもしっかりと落とせる化粧品を選ぶと良いでしょう。

クレンジング時の摩擦もおでこのしわの原因になるため、肌に極力摩擦を与えないゲルタイプのクレンジングを使用するのがオススメですよ。

また、夏はプールや海に出かける機会が多くなるため、ウォータープルーフのアイメイクを多用しますよね。

そんな時は、ポイントメイクリムーバーを使用しましょう。

【4】日々のスキンケア

おでこのしわを消すには、毎日のスキンケアも非常に大切です。

おでこのシワの改善に働きかける成分(ビタミンCやペプチド)がより多く含まれている化粧品がおすすめです。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を補助する働きがあります。皮膚に浸透しやすく改良された「ビタミンC誘導体」なら、皮膚に浸透してからビタミンCに変化するため、高い効果が期待できます。

また、おでこは肌表面は脂っぽいのに水分が足りていない「インナードライ肌」になりやすい部位です。

皮脂は除去し過ぎず、保湿力の高いセラミド配合の化粧品や美容液をおでこに浸透させるようにしましょう。

紫外線を多く浴びた日は、フェイスパックなどを使ってスペシャルケアをするのもオススメです。

おでこのシワを消す化粧品おすすめ3選
おでこのシワを消す化粧品は色々な種類がありますが、どうせなら本当におでこのシワが消える商品が欲しいですよね。 本気でおでこのシワを消したいなら、シワの改善に働きかける成分が配合されている「ビーグレン」がおすすめです。 た...

まとめ

おでこのしわを消す方法を一通りお伝えしました。

現在は自覚症状がなくても、今後おでこにしわが発生しないように、早めに対策をしておきましょう。

おでこのしわは年齢を重ねるごとに気になってきます。特に深く刻まれたしわは、消すのがかなり厳しいです。

10代~20代の若い方も、しわを作らないようにする対策は早めに始めておきましょう。

おでこのしわを消すオススメ化粧品